初めての海外旅行~まずはグアムの予習から!!

不安と期待が入り交じる初グアム、絶対に失敗しない旅行プランの参考に。

初めてのチップ~グアム渡航前にシチュエーションチェック

2016年09月03日 19時20分

グアムは日本の南方、太平洋のマリアナ諸島にある島です。東京や大阪などの主要都市からの直行便が出ており、3~4時間で行けることから日本人には人気の観光地です。毎年約90万人が訪れ、アメリカ本土からの観光客よりも多いです。グアム政府観光庁は2000年以来の旅行者数100万人突破を目標としており、ホテルや観光設備の充実に力を入れています。

ハイアットリージェンシーやレオパレスリゾートのホテルがあります。
日本ではチップを出す文化はあまりありませんが、グアムを含めた海外ではチップが至る所で出されます。

その場面は様々ですが、少なくとも以下の4カ所ではチップが求められます。まず、レストランではウエイターに飲食料金に応じたチップを出します。そのチップ相場は飲食代金の15%ほどとされています。タクシーも15%ほどがチップ相場になります。近距離でも1ドル以上は渡しましょう。荷物をトラックに積んでもらった時は1個あたり1ドル必要になります。

ホテルではドアボーイに渡すチップとピローチップがあります。タクシーを手配してもらったり、ポーターにスーツケースを部屋まで運んでもらったときにはそれぞれ1ドル程度がチップ相場になります。ピローチップとは、枕元に置いておくチップで、部屋の清掃やベッドメイクに来たスタッフに渡すものです。

海外では、チップは必ずもらうものという認識があり、レストランやホテルではチップをもらうことを代金の一部として想定しています。チップを渡さないことは提供されたサービスに対して何らかの不満があるという意思表示とされます。渡さない場合には理由を説明する必要があります。また、直接渡せない場合はわかりやすい位置に置いておくのがマナーです。

グアム旅行ではチップを渡すことから1ドル札が多く必要になります。多めに用意しておくのはもちろんですが、10ドル札で買い物をしてもお釣りを1ドル札でもらうようにしましょう。